レンタカーを使用する際に注意したいポイント
2016.12.20

subimg03レンタカーを借りる機会も増えていますが、非常に便利なシステムで、好きな時に借りて、好きな時に返すことができるということで、仕事や娯楽などで利用できるので人気があります。しかし、使用に関しての規則やポイントはあり、それらを理解してスムーズに利用するということが注意点になります。今ではインターネットで情報が得られますので、借りる場合でも簡単に借りる場所も知ることができて便利ですが、たくさんある営業所ということでは、どこで借りれば良いか迷います。とくに初めて利用する場合には、スタッフの対応が親切なところが借りやすいということになります。サービス業でもあるので、対応が良いということが第一の選ぶべき条件になります。そうすると借りる側に立ってサービスをしてくれます。

サービスが良いところとしては、インターネットでの評判や、実際に行ってみて対応を見るということもできます。同じ会社ということでは社風ということもあり、スタッフの対応も社風が表面に出てきたりします。それらを調べて、対応が良い企業を選ぶということもポイントになります。もちろん借りる側の態度や応答などが悪ければ、スタッフも人間ですので対応も悪くなるかもしれませんが、一般的にどうなのかということで調べてみるとわかりやすいかもしれません。どのような教育がスタッフにされていて、徹底されているかということが基本に来ます。借りる場合の注意点としては、常識的なことも多いですが、それらの注意点を守って借りると、借りる場合の色々なトラブルは回避できます。あくまでも借りる側も常識的であるべきです。

具体的な借りる時の気をつけるポイントとしては、返却時にガソリンを満タンにして返す、返却日時が遅れる場合には事前に連絡をしておく、できるだけ早く連絡をするということも常識として必要になります。そのほかには、確認しておくということでは、トラブルの時の保険や対応などです。それらが起こった時には、できるだけ早く連絡をするということが必要になります。もともと所有している車ではなく、借りている車なので、所有者に連絡をするのは当然だからです。最善の方法で対処するためにも、早めの連絡は非常に重要になります。スタッフはそれらの経験での対処方法も体験済みでしょうから、早く知ることで対処も早くなります。借りる時にスタッフから、それらの話も詳しくされますので、それらの話や契約書の内容をよく読んで理解しておく必要があります。

▲ ページトップへ